BIG NEWS!!!!

2007/05/17木

 来月,「Boogie Woogie Train」でDEBUTすることになりました…Jimmy and the Vivids が,大舞台を踏みます。

 フジ・ロック・フェスティバル2007であります!!

 7月29日(日)…ザ・キングトーンズ with Jimmy and the Vivids として出演決定です。

 何が嬉しいか!!って,内田師と再び共演できること。フジロックの大舞台に3度も立てること。色々ありますが,とても嬉しい訳です。

 内田師は出演日当日は70歳9ヶ月。おそらく,フジロック史上最高齢ではないでしょうか!!

 成田さんも70歳。ファンキー&味のあるR&B/DOO-WOPを,聞かせてくれることでしょう。

 僕自身,楽しみです。頑張ります。

 FUJI ROCK FESTIVAL 2007 Official Site

http://www.fujirockfestival.com/

MATURE DISCO NIGHT!!

2007/01/24水

  先週の18-19日,『MATURE DISCO NIGHT in 福岡』@イルパラッツォ・クロッシングホールは,二日間とも大入満員。有難うございました。

 リハーサルだけでも,充分,上田正樹さんのR&Bを吸収できるのですが,加えて,二日日間ご一緒できる幸せかな。超一流の方の音作りは,見てるだけでも,ホントに勉強になります。僕は,1部で「愛がすべて」,2部で「ゲット・レディ(初日のみ)」「宇宙のファンタジー」「君の瞳に恋してる」を歌わせて頂きましたが,初日の「ゲット・レディ」はそれこそ,上田さんとのジョイント。二日目は,演奏時間短縮でカットになりましたが…とても,貴重な経験でした。それだけでなく,ほかの3曲も上田さんがタンバリンを叩いて下さる。天下の上田さんにタンバリンを叩かせる!!なんという贅沢。いやいや,超一流は,サウンドを少しでも厚くして,更に,上田さん本人が舞台に一緒に立つことで,無名の新人へのお客様方の目を温かく向かせてあげようというハートなんですョ。きっと。とても有難かったです。

 二日目には,俳優の高嶋政宏さんがいらっしゃるということで…二階席の一部が高嶋さんのためにとっておかれたのですが…到着時間からすると,僕の歌で聴いてもらえるのは,2部の「宇宙のファンタジー」「君の瞳に恋してる」の2曲。少しでも高嶋さんのイメージに残りますように!!

 出番で舞台に立つと,なんと,一階のダンスエリアの後方にいらっしゃるのが見えました。緊張。「宇宙のファンタジー」って曲は,最後の最後にファルセットのトップノートを出すという聞かせどころがあるのですが,そこで,高嶋さんが,物凄く反応してるのが見えて,その後,物凄く拍手して下さいました。

 終演後,出演者控え室でまずは,ビールで乾杯。その場に高嶋さんもお見えでしたが,なんと,僕の方に近づいて下さいまして,声をかけて下さいました。

 「アースを日本人で歌えるのにびっくりした。よかった。身震いしちゃったョ。なんか,東京ではやんないの!!あったら教えてネ。」

 僕のかごっま訛りについても

 「いいじゃん,個性があって」  と,温かく受け入れてもらいました。

 …で,記念のツーショット写真。

Dvc00050_m  いやー,感激です。…で,高嶋さんの画像を使っていいのか!! って,ことで…実は,高嶋さんから直接許可を頂きました。

 その後,メールのやりとりをさせてもらってます。

 「(画像使用について) いいよ! いつか,なんかやろうよ」と,メッセージを頂きました。

 感激の嵐です。この,裏声と言う希少価値な部分。大切にしなくちゃなぁと痛感しました。

 上田さんも,『ファルセッター』と呼んでくださる。打上げでも,僕を抱きしめて,「国宝級の喉を大事にしいや」と言って下さいました。

 有難うございます。頑張ります!!

貴重な経験の連続!!

2007/01/14日

 金曜日は,東京にて,上田正樹さんのDISCOナイトのリハーサル。やはり,一流は違う。バンドの皆さんも一流揃いで…僕のような駆け出しはついて行くのが精一杯なのですが,上田さんの優しさに,励まされる一日でした。14-22時過ぎまで,みっちりのリハーサルでした。11月のDISCOナイトin鹿児島は,上田さんと交互の出演でしたが,18-19日のDISCOナイトin福岡では,上田さんとジョイントする曲があるんです。これぞ,待ちに待った夢の競演です。夢が夢でなくなり,現実になる幸せ。R&Bの世界に小指の先をつっこんでる身としては,この上ない幸せな出来事です。

SOULFUL DISCO NIGHT

2006/11/27月

 一夜明けて、まだ興奮冷めやらぬままです。上田さんに紹介してもらって登場。、3曲歌い終った後は、上田さんに抱き締めてもらいました。

 大きな経験となりました。

 また、本番前…どうしてもお話したくて、内田師に電話。一ヶ月ぶりにお話できました。

 師曰く…

(上田さんが)鹿児島来てんの!! 一緒にやんの!! 凄いじゃん!! 宜しく伝えといて!!

 また、Newアルバム「DOO-WOP」のスーパーバイザー就任、写真・コメント・アレンジ使用の件、快諾して頂きました。

ゾクッとする体験!!

2006/11/14火

 先日(11/11土)届いた郵便物。内容を確認してゾクゾクしました。鳥肌が立ちました。

 決して、架空請求の郵便ではないですョ。ご安心下さい。

 ミュージシャン…いや…シンガーとしての道を選んで初めての経験でした。安心して下さいネ。幸せな経験。その経験でゾクゾクしたわけです。

 詳細は言えませんが、公表の際には、応援宜しくお願いします!!

 おかげ様でキャリアUPできてますが、それに繋がる内容です。

 公表までお待ち下さい。

 くどいですが、公表の際には応援宜しくお願いします!!

51秒の緊張&感動!!

2006/10/29日

 51秒とは…携帯電話での通話時間の記録。

 内田師に久々に電話をかけてみました。何せ,今日は…恩師の70歳の誕生日。恐る恐るかけてみる。ご本人が電話に出て下さいました。

 「お誕生日おめでとうございます!!」のメッセージには,「どうも,有難う!!」のお言葉。プライベートなことながら,ベイビー誕生なども伝えると,おめでとうとの言葉を頂戴できて感激しました。

 照れ屋さんは…1分も語ることができずに,51秒の通話記録。

 今年に入っては…リハーサル日。フジロック当日。そして,今日の3度目の会話となりました。おめでとうございます。僕も頑張ります!!

鹿児島到着!!

2006/07/30日

 無事の帰還と相成りました。

 もの凄く大きな舞台に立てること。キングトーンズに影響を受けた人間が、キングトーンズと共演できること。

 それも鹿児島在住のミュージシャンにとっては、本当に、立つことが難しい大舞台に2度も立てる名誉。

 当日の慌ただしさ。始まってしまえば、本当にアッという間の一時。

 さて、今夜は早速、ステージ出演です。目に見えない何か一つ大きくなった僕らを応援に来て下さい。

いただきまーす!!

いただきま―す!
2006/07/29土

 出演者が食べる食事。そうねぇ、外人さん向けのメニュー。

 チケットは各人2枚。お昼はキングトーンズの皆さんと一緒に。リーダーは野菜サラダ中心。僕はノミの心臓ならぬノミの胃。お昼は少食。

 写真は夕食。食欲回復。

終演後のリラックス・モード!!

終演後のリラックス・モード
2006/07/29土

 終演後のテレビ取材などを終えて着替える。

 楽屋にてリラックス中の恩師との贅沢な一時。

出演者本人によるライヴ・レポート!!

2006/07/29土

 無事,フジ・ロック・フェスティバル2006グリーンステージLIVEを務め上げました。

 リーダーの登場で、もの凄い拍手。天気もまずまず。これは晴れ男:成田さんの力。何より、リーダーの回復により、僕はコーラスに回れたんです。

 キングトーンズの垂れ幕持参の方もいました。僕のリード曲は、スタイリスティックスの「愛がすべて(Can't Give You Anytiing)」。ジミー・コールも頂きました。

 MCもソコソコに進行したけど予定よりちょいオーバーだったようですが、何より楽しかった。ツイストも踊り捲り。アッという間の一時でした。

 リーダーの魂を更に感じることが出来ました。

 セットリストは下記の通り。

1.Doo-Wop Tonight vo.Jun

2.In The Still Of The Night vo.Jun

3.Save The Last Dance For Me vo.Jun

4.16 Tons vo.You

5.Smoke Gets In Your Eyes vo.Jun+Jimmy

6.グッドナイト・ベイビー vo.Jun+Jimmy

7.When A Man Loves A Woman vo.Nancy

8.Can't Give You anything vo.Jimmy

9.Tennessee Waltz vo.Yutaka

10.I Saw Him Standing There vo.Nancy

11.At The Hop vo.Nary

12.Peppermint Twist vo.Yutaka

13.I Can't Stop Loving You vo.Jun+Jimmy